UP

INHERITANCE不動産相続の相談窓口

相続・相続人とは?

人の死亡により、その人の所有する財産が、その人と一定の身分関係にある妻や子供などに引き継がれていくことを相続といい、民法により規定されています。
法律では、死亡した人を被相続人、死亡した人の財産を受け継ぐ人を相続人と言います。

相続開始の時期って?

民法では、「相続は、死亡によって開始する」と定められています。相続人がその死亡を知っていたか否かは関係なく、死亡という事実のみで相続は開始されます。

相続人になれる人は?

民法では相続人になれる人の範囲がきちんと定められており、誰が相続人であるかによって定められた相続分(法定相続分という)も異なってきます。
被相続人は、遺言によって各相続人の相続分を決める事が出来ます。これを指定相続分といい法定相続分よりも優先されます。

不動産相続勉強会

第48回 2020年4月4日(土)10:00~12:00 STEP1 相続とは?相続の流れについて、相続トラブル実例
第49回 2020年4月18日(土)10:00~12:00 STEP2 贈与のしくみについて、遺言書について
第50回 2020年5月7日(土)10:00~12:00 STEP3 相続税の計算と不動産評価、相続税の基礎
第51回 2020年5月23日(土)10:00~12:00 STEP4 節税対策の方法・納税資金準備、成年後見制度や民事信託の応用事例

不動産オーナーとして知っておくべき相続の基礎知識や、不動産プロによる目からウロコの話まで、 事例を交えてわかりやすくお話しします。 ぜひ、将来のために困らないよう学んで参りましょう!

講師プロフィール志田 宏

21 歳に宅地建物主任者の資格を取得し、不動産業を創業。 平成16 年1 月に現在の会社に組織替え。その後代表取締役に就任。 現在は売買の取引を円滑に進められるように不動産エージェントを採用。 FP アドバイザーとして住宅ローンの大切さをお客様に伝えております。 今後のお役立ちとして不動産相続の窓口を開設し、日々勉強しています。

お客様の声

40 代男性 参加する前は節税だけを考えていました。最も大切なのは、家族に自分の想いを素直に、正しく伝えることであると気づかせていただきました。そして、大変ためになりました。せっかく作り上げた財産ですので、効率よく子孫に残していきたいと思っています。頂いた知識、資料など、活用させていただきます!

50 代女性 最初は難しい話かと思いましたが、実際に聞いてみて安心しました。つかは必ず自分の身に起こる相続問題ですので、元気なうちに準備が大切だと気付きました。息子たちと話し合う、いいきっかけになりました。たいと思っています。頂いた知識、資料など、活用させていただきます!

70 代男性 自分は揉めることなんかないと思っていました。「法定相続」という言葉に安心していましたが、自分の誤解に気づきました。財産は小さい家だけですが、子供たちにしっかりと残していきたいと思いました。

60 代男性 アパートを所有していますが、収益が下がっており悩んでいました。有効な収益の上げ方なども参考になりました。長期視点で物事をとらえるのも賃貸経営には大切なのを知ることが出来て、本当によかった。

60 代女性 相続といえばどこに相談したらいいかわからなかったけど、自宅の土地建物に関してはやっぱり不動産業者への相談が一番だなと実感しました。今まで経験されてきた実例なども含めてお話を聞けたので、とても参考になりました。

ささいなお悩みでもまずはお気軽にお問い合わせください。

Fudousan Plugin Ver.5.3.3