寒河江市の不動産|有限会社住まいるーむ情報館 > 有限会社 住まいるーむ情報館のスタッフブログ記事一覧 > 新築戸建ての購入予算の考え方と年収から無理のない借入なのかを判断しよう

新築戸建ての購入予算の考え方と年収から無理のない借入なのかを判断しよう

≪ 前へ|寒河江市ってどんな街?暮らしやすさをご紹介!   記事一覧   日々の過ごし方|次へ ≫

新築戸建ての購入予算の考え方と年収から無理のない借入なのかを判断しよう

カテゴリ:スタッフブログ

新築戸建ての購入予算の考え方と年収から無理のない借入なのかを判断しよう

新築戸建ての購入計画をたてるなかで、適正な「予算」を考えることは、はずせない要素ですね。
今回は、マイホーム購入のための予算はどのぐらいなのか、自分でできる計算方法を解説します。
さらに、年収から無理のない返済額を知る目安として「返済比率」もご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築戸建て購入「予算」の考え方と年収による目安

新築戸建ての購入を検討していると、一般的な予算の目安として「価格は年収の5倍以内」と耳にされたことがあるかもしれません。
ほかにも、新築戸建ての購入予算を考えるときには、基本となる計算式もあります。

頭金+住宅ローンの借入可能額=新築戸建て購入価格
この式で割り出した金額が、購入できる新築戸建ての金額といえます。
購入時に支払う頭金は、多いほど返済額も減りますが、生活の資金は別に確保して考えることがポイントです。

新築戸建て購入で「年収による予算」を出す計算方法

さらに、「年収」から新築戸建てのローン予算を割り出す計算方法もあります。
手順は、まず手取りの世帯年収の3割を求めます。
この金額が、返済や毎月のランニングコストを支払う「住宅費」といえます。
次に、3割の金額を12で割ると、毎月の住宅費となりますが、さらに諸費用を引いて返済にかけられる金額を算出しておきます。
たとえば、年収500万円の世帯なら、12万5,000円が毎月の住宅費の上限で、諸費用を2万円と設定して引くと「10万5,000円」です。
ここから、頭金や金利、返済期間を想定しながら、新築戸建ての購入予算を試算します。
たとえば、金利が1.26%で返済期間を30年とした場合、100万円の融資であれば月々3,337円が返済額です。
「10万5,000円」の住宅費で返済する場合は、「(10万5,000円÷3,337円)×100」という計算方法で、新築戸建ての購入で借りるローンの金額は約3,146万円とわかります。

年収から無理のない新築戸建て購入の借入額を確認する「返済比率」

新築戸建ての購入では、年収に応じた適正な借入額かを把握することもポイントです。
そこで、住宅ローンの「返済比率」が役立ちます。
年収における年間返済額の割合のことで、30%から35%が、一般的な基準とされています。
「年間の返済額」を「年収」で割ると、返済比率が割り出せます。
たとえば、年収500万円のとき年間返済額が175万円であれば返済比率は「35%」で、一般的な目安を範囲内と確認できます。

まとめ

新築戸建てを購入するための予算をテーマに、年収による目安や、基本的な考え方や計算方法をご紹介しました。
とくに借入額は、借り過ぎで家計の負担にならないことが大切です。
「返済比率」を確認するときは、ぜひこの記事も参考にしてくださいね。
私たち住まいるーむ情報館は、寒河江市の不動産を中心に取り扱っております。
不動産のプロとして、ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|寒河江市ってどんな街?暮らしやすさをご紹介!   記事一覧   日々の過ごし方|次へ ≫

代表の想い

会社概要

会社画像
有限会社 住まいるーむ情報館
  • 〒991-0041
    山形県寒河江市大字寒河江字横道137
  • TEL/0237-86-6396
  • FAX/0237-86-6390
  • 山形県知事 (4) 第2212号

オーナー様へ

空き家管理

無料売却査定

トップへ戻る

来店予約