寒河江市の不動産|有限会社住まいるーむ情報館 > 有限会社 住まいるーむ情報館のスタッフブログ記事一覧 > マイホーム購入における頭金の必要性について

マイホーム購入における頭金の必要性について

≪ 前へ|日々の過ごし方   記事一覧   無料査定について|次へ ≫

マイホーム購入における頭金の必要性について

カテゴリ:スタッフブログ

マイホーム購入における頭金の必要性について

マイホームを購入する際には、住宅ローンの利用が一般的です。
もちろん、なかには自己資金で購入する方もいますが、そのような方は少数派ではないでしょうか。
住宅ローンを利用するときは、最初にある程度まとまったお金を入金することがほとんどです。
本記事では、マイホーム購入時における頭金の意味や相場、注意点などについて解説しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホーム購入に必要な頭金の意味

マイホーム購入における頭金の意味を、正しく理解している方は少ないのかもしれません。
これは、住宅ローンを利用するとき、最初に自己資金の中から支払うお金を指します。
住宅ローンで1,000万円を借入するとして、最初に200万円を自己資金から支払うとしましょう。
このケースでは、残りの800万円を月々に分割して支払います。
手付金と混同される方もいますが、こちらは契約の成立を証明するためのお金です。
買主が契約を破棄するときは、売主に手付金を支払い解除するのが一般的です。

マイホーム購入で必要な頭金の相場

マイホーム購入時の頭金は、絶対に必要なわけではありません。
ただ、最初にある程度まとまった額を入れることで、総額をおさえられ、月々の返済負担を軽くできるメリットがあります。
支払う場合、どの程度の金額になるのかは気になるところでしょうが、正直ケースバイケースです。
注文住宅の場合では、購入費用の18~20%程度が目安といわれています。
土地付き注文住宅では10~11%、建売は8~9%、マンションは16%前後が目安です。

マイホーム購入における頭金の注意点

最初に支払う頭金は、建物購入代金の一部に含まれます。
一方で、建物購入代金に含まれないお金もあり、これも用意しなくてはなりません。
頭金とは別に用意しなければならないお金が、諸費用です。
不動産会社に支払う仲介手数料をはじめ、不動産所得税や住宅ローン手数料、登記費用などが該当します。
建物購入代金の一部金以外にも、これらの費用を現金で用意しなくてはならないことを、理解しておきましょう。
諸費用の額もさまざまですが、一般的には物件価格の3~10%程度だといわれています。
建物購入代金の一部金とは別に、きちんと現金で用意しておきましょう。

まとめ

マイホーム購入時における頭金の意味や注意点ついて解説しましたが、いかがだったでしょうか。
手付金と同じと思っていた方もいるでしょうが、別物であることがわかったと思います。
ある程度の相場はあるものの、実際には人によって支払う額は大きく異なります。
あくまで目安なので、必ずしもここでご紹介した額を用意しなければならないわけではありません。
私たち住まいるーむ情報館は、寒河江市の不動産を中心に取り扱っております。
不動産のプロとして、ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|日々の過ごし方   記事一覧   無料査定について|次へ ≫

タグ一覧

代表の想い

会社概要

会社画像
有限会社 住まいるーむ情報館
  • 〒991-0041
    山形県寒河江市大字寒河江字横道137
  • TEL/0237-86-6396
  • FAX/0237-86-6390
  • 山形県知事 (4) 第2212号

オーナー様へ

空き家管理

無料売却査定

トップへ戻る

来店予約