寒河江市の不動産|有限会社住まいるーむ情報館 > 有限会社 住まいるーむ情報館のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却と買取との違いや注意点について解説

不動産売却と買取との違いや注意点について解説

≪ 前へ|寒河江市でおすすめ最上川ふるさと総合公園の概要やイベント情報   記事一覧   不動産を購入する際に知っておきたい!火災保険の知識と相場|次へ ≫

不動産売却と買取との違いや注意点について解説

カテゴリ:スタッフブログ

不動産売却と買取との違いや注意点について解説

土地や建物を手放すにあたっては、いくつか覚えておくべきことがあります。
特に、売り方については、最終的な売値に影響を与えることもあるため、正しく理解しておきましょう。
本記事では、不動産売却と買取の違いや、相続物件を手放すとき、契約に関する注意点などについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却と買取の違いや注意点

一般的にいう不動産売却とは、業者に依頼して買主を探してもらう手法を指します。
一方の買取は、専門業者自身が買主となり、買い取ってもらう方法です。
2つの手放し方は、さまざまな部分に違いがあるため、注意点として覚えておきましょう。
買主を探してもらう売り方ですが、こちらは相場に近い価格で手放せる確率が高いのですが、時間がかかります。
また、後述する媒介の種類によっても、売れるスピードなどが異なるため注意しましょう。
直接買い取ってもらう方法は、スピーディーに売れるのが魅力ですが、市場相場よりは安くなる傾向があります。
そのため、多少安くなってもよいので、少しでも早く物件を現金化したい、といったシーンに適しています。

相続物件を不動産売却するときの注意点

相続物件を不動産売却するときにも、いくつか注意点があります。
まず、受け継いだ物件を手放すときの手順は、相続人の数によって変わることを覚えておきましょう。
また、複数で受け継ぐようなケースでは、トラブルに発展することが少なくありません。
そのため、対象となる人たちのあいだで、話し合いを十分おこなうことが大切です。
対象となる人たちだけで話し合っても、話が平行線になってしまうこともあります。
このような場合には、第三者を交えて話し合うのもひとつの手です。

不動産売却における媒介契約の注意点

不動産売却を進めるときには、媒介契約を交わすのが一般的です。
媒介契約には、一般媒介と専任媒介、専属専任媒介の3つがあることを覚えておきましょう。
一般媒介は、複数の会社に依頼できますが、取引状況の報告義務などがありません。
また、レインズへの登録義務もないため、スピーディーに手放したいときには適さないでしょう。
専任媒介と専属専任媒介は、1社のみと契約し、進捗の報告やレインズへの登録義務があります。
ただ、それぞれ報告のスパンや頻度などが異なるため、注意が必要です。

まとめ

不動産売却と買取との違いや注意点、契約の種類などについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。
売り方ひとつで、売れるまでの期間や最終的な価格などが大きく変わってきます。
どの売り方がベストなのかは、ケースバイケースなので、自身が置かれている状況も把握したうえでベストな売り方を考えましょう
私たち住まいるーむ情報館は、寒河江市の不動産を中心に取り扱っております。
不動産のプロとして、ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|寒河江市でおすすめ最上川ふるさと総合公園の概要やイベント情報   記事一覧   不動産を購入する際に知っておきたい!火災保険の知識と相場|次へ ≫

代表の想い

会社概要

会社画像
有限会社 住まいるーむ情報館
  • 〒991-0041
    山形県寒河江市大字寒河江字横道137
  • TEL/0237-86-6396
  • FAX/0237-86-6390
  • 山形県知事 (4) 第2212号

オーナー様へ

空き家管理

無料売却査定

志田宏 最新記事



志田宏

不動産業に携わって30年 天職と思って仕事しています。 これからもお客様に寄り添い人生を楽しみます

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約