寒河江市の不動産|有限会社住まいるーむ情報館 > 有限会社 住まいるーむ情報館のスタッフブログ記事一覧 > 寒河江市慈恩寺の歴史や利用情報について解説

寒河江市慈恩寺の歴史や利用情報について解説

≪ 前へ|相続勉強会開催のお知らせ   記事一覧   共同名義で不動産を購入する方法とは?メリットやデメリットも解説|次へ ≫

寒河江市慈恩寺の歴史や利用情報について解説

カテゴリ:地域情報

寒河江市慈恩寺の歴史や利用情報について解説

寒河江市は山形県のほぼ中央に位置する街で、さくらんぼの産地としても知られています。
そんな寒河江市に転居を考えている方も、いるかもしれません。
今回は慈恩寺の歴史をはじめ特徴や利用情報をご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

寒河江市慈恩寺の歴史について

まず初めに慈恩寺について学んでおきましょう。

1000年を超える奥深い歴史

この寺は、開山約1300年と古い歴史を持つ寺です。
神亀1年に行基が聖武天皇に奏上したのが始まりと言われています。
天平18年にインドの婆羅門僧正によって開山されました。

広大な敷地が国史跡に認定される

東京ドーム約10個分の広大な敷地が平成26年に国史跡に認定されており、現在ではこの地域一帯を代表する有名な観光名所となっています。

寒河江市慈恩寺の四季の見どころについて

次に、この寺の見どころについてご紹介します。
四季折々、さまざまな顔を見せる慈恩寺の魅力を見ていきましょう。

四季によって見どころの植物が変化する

春には稚児桜が見ごろです。
4月の終わりから5月ごろに一気に咲き始め、淡いピンクが気品あふれる見事な雰囲気を演出してくれます。
夏は蓮の花が見ごろです。
直径25cm以上の大きな花は、遠くから見てもわかるほどの迫力で、開花時期は7月から9月となります。
秋には彼岸花が一斉に咲き誇ります。
彼岸花は約50年前から生息しており、彼岸花越しの寺院の建物を写真に収めるなど、カメラマンの撮影スポットとしても有名です。
冬は11月下旬になると冬支度として雪囲いが施されます。
寒い時期を乗り越える東北ならではの様子を見ることができます。

歴史的建造物も見もの

敷地内には大小さまざまな建造物が見られます。
当時の建築技術の髄をなして建てられた建物をみて、その偉大さに圧倒されます。

寒河江市慈恩寺の利用情報について

最後に慈恩寺の利用情報についてご紹介します。

アクセスには注意が必要

寒河江市慈恩寺は開けた山のなかにあるので、かなり距離があります。
車でのアクセスが一番便利ですので、山形空港や県内の大きな駅近辺などでレンタカーを借りてアクセスしてください。
近隣に駐車場があり、目的地に近い場所を選べます。

観光の時間帯は早めに終わる

拝観時間が8時半から16時までなので、早めにアクセスして回るようにしてください。
コロナ禍の影響で営業時間が変更になっている場合もあるので、事前に公式HPなどで確認することをおすすめします。

おすすめ物件情報|寒河江市の物件一覧

まとめ

慈恩寺は一度の訪問ですべては回れないため、何度も通ってその魅力の全部を探してみるのも旅の楽しみと言えるかもしれません。
近隣に住んだ際は是非訪れてください。
私たち住まいるーむ情報館は、寒河江市の不動産を中心に取り扱っております。
不動産のプロとして、ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|相続勉強会開催のお知らせ   記事一覧   共同名義で不動産を購入する方法とは?メリットやデメリットも解説|次へ ≫

タグ一覧

代表の想い

会社概要

会社画像
有限会社 住まいるーむ情報館
  • 〒991-0041
    山形県寒河江市大字寒河江字横道137
  • TEL/0237-86-6396
  • FAX/0237-86-6390
  • 山形県知事 (4) 第2212号

オーナー様へ

空き家管理

無料売却査定

志田 宏 最新記事



志田 宏

不動産業に携わって30年 天職と思って仕事しています。 これからもお客様に寄り添い人生を楽しみます

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約