寒河江市の不動産|有限会社住まいるーむ情報館 > 有限会社 住まいるーむ情報館のスタッフブログ記事一覧 > 共同名義で不動産を購入する方法とは?メリットやデメリットも解説

共同名義で不動産を購入する方法とは?メリットやデメリットも解説

≪ 前へ|寒河江市慈恩寺の歴史や利用情報について解説   記事一覧   パワーチャージ旅行|次へ ≫

共同名義で不動産を購入する方法とは?メリットやデメリットも解説

カテゴリ:スタッフブログ

共同名義で不動産を購入する方法とは?メリットやデメリットも解説

夫婦生活を続けていると大きな買い物の一つとして不動産があげられます。
片方の名義で購入するよりも、控除を2重に受けられるなどのメリットもあり、共同名義は魅力も多いです。
今回は、共同名義での購入方法や、それによって生まれるメリット、そしてデメリットについてご紹介します。
これから不動産購入を検討しているのでしたら、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

共同名義で不動産を購入する方法について

不動産を共同名義で購入するには、土地や建物などを購入する際に共同で出資、その割合に応じた所有分で登記することで可能です。
不動産を買おうと考えていても、単独購入では資金が足りない、不動産を相続したなどのときに共同名義になります。

不動産を共同名義で購入するメリット

不動産を共同名義にすることによって、住宅ローン控除が人数分受けられるというメリットが存在します。
夫婦二人で購入した住宅であれば、二人の収入に対して住宅ローン控除を受けることができるようになります。
住宅ローンの年末残高の1%が10年間減税されますので、二人分となるとうれしい減税です。
あとあと相続のことを考えてもメリットが大きいのです。
本来なら不動産の評価額が相続税の課税対象となりますが、共有名義であれば被相続人の持分に応じて課税されます。
単独名義にするよりも相続が節税できるという仕組みです。
1人でローンが組めないときでも住宅が購入できるというのも大きなメリットですが、節税対策になっているというのも注目です。

不動産を共同名義で購入するデメリット

しかし、当然のことながら名義を2人にすることによってデメリットも生じます。
名義が2人になると住宅の売却だったり、修理や修繕だったりがあってもひとりで決めることができません。
とくにやむを得ず住宅を売却することになったときに売りにくいというのは大きなデメリットです。
その上夫婦共同財産の場合には離婚するときには非常に手続きが面倒になってしまいます。
名義人が複数になればその分手続きは複雑化し、手間が増えてしまうというのもデメリットです。

まとめ

これから夫婦2人が名義人の不動産を取得しようと検討しているのでしたら、その方法はしっかりと把握しておきましょう。
共同名義は確かに権利が複雑化するというデメリットもありますが、節税対策ができるという大きなメリットもあります。
共同名義についてしっかりと理解して、上手く活用していけるようにしていきましょう。
私たち住まいるーむ情報館は、寒河江市の不動産を中心に取り扱っております。
不動産のプロとして、ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|寒河江市慈恩寺の歴史や利用情報について解説   記事一覧   パワーチャージ旅行|次へ ≫

代表の想い

会社概要

会社画像
有限会社 住まいるーむ情報館
  • 〒991-0041
    山形県寒河江市大字寒河江字横道137
  • TEL/0237-86-6396
  • FAX/0237-86-6390
  • 山形県知事 (4) 第2212号

オーナー様へ

空き家管理

無料売却査定

志田 宏 最新記事



志田 宏

不動産業に携わって30年 天職と思って仕事しています。 これからもお客様に寄り添い人生を楽しみます

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約