寒河江市の不動産|有限会社住まいるーむ情報館 > 株式会社住まいるーむ情報館のスタッフブログ記事一覧 > 土地の評価額とは?特徴や調べ方についても解説

土地の評価額とは?特徴や調べ方についても解説

≪ 前へ|実家相続セミナー開催   記事一覧   不動産購入におけるオーバーローンの基礎知識|次へ ≫

土地の評価額とは?特徴や調べ方についても解説

カテゴリ:スタッフブログ

土地の評価額とは?種類や特徴のほか調べ方も解説

不動産を購入する際、価格の目安を把握しておきたいものです。
将来、売却する可能性もあるかもしれません。
不動産の値段は、できるだけ正確に知っておきたいと考える人も多いでしょう。
そのためにも、5種類の評価の方法を知っておきましょう。
評価額の種類や特徴、調べ方について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地の評価額とは?

土地の評価額とは、目的や評価の方法が異なる実勢価格、公示地価、基準地価、相続税路線価、固定資産税評価額の5つの種類から評価されます。
5種類のなかで、実勢価格以外は公的な機関が評価額を決めていますが、種類によって価格が異なります。
5種類の基準を把握し、比較検討することが必要です。
土地の評価額とはいつも同じではありません。
そのときの景気や税制の改革、特区の設定などによって影響を受けるものです。
また、大型ショッピングモールや高速道路の開通、災害など地域的なことも不動産の価格に影響します。
さらに、家屋の構造などによっても価格は異なります。
不動産の価格を把握したい場合は、価格に影響する要因と、目的に合った評価方法を目安にすることです。

土地の5つの評価額の特徴

実勢価格は、実際の取り引き価格です。
時価とも呼ばれ、さまざまな要因の影響を大きく受けるのが特徴です。
公示地価は、国土交通省が公表する公示価格で、毎年3月に発表されます。
公的機関が基準を公表することで、適正な取引がおこなわれることを目的としています。
基準地価は、各都道府県が選定した基準値の価格です。
公示地価同様、土地の価格の指標を示すものですが、住宅地や商業地など公示地価の対象とならないものも含まれるので、公示地価と異なる場合があります。
相続税路線価は国税庁が公表する価格で、道路ごとに設定されている路線(道路)に面している土地の1平方メートルあたりの価格が公表されます。
固定資産税評価額は、固定資産税、都市計画税、不動産所得税、登録免許税を決めるために、市区町村が公表する価格です。

土地評価額の調べ方

調べ方は、種類によって異なります。
実勢価格は、国土交通省が運用している土地情報総合サイトや、レインズマーケットインフォメーションで調べられます。
公示地価や基準地価は土地総合情報システム、相続税路線価は国税庁のサイトで、固定資産税評価額は納税通知書に同封されている課税明細書で調べられます。

まとめ

不動産の価格は5種類の指標があるので、目的に合った方法を選んで確認しましょう。
また、利便性や周辺環境、土地の形なども値段に大きく影響することも理解しておくことです。
私たち住まいるーむ情報館は、寒河江市の不動産を中心に取り扱っております。
不動産のプロとして、ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|実家相続セミナー開催   記事一覧   不動産購入におけるオーバーローンの基礎知識|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

代表の想い

会社概要

会社画像
株式会社住まいるーむ情報館
  • 〒991-0041
    山形県寒河江市大字寒河江字横道137
  • TEL/0237-86-6396
  • FAX/0237-86-6390
  • 山形県知事 (4) 第2212号

オーナー様へ

空き家管理

無料売却査定

志田 宏 最新記事



志田 宏

不動産業に携わって30年 天職と思って仕事しています。 これからもお客様に寄り添い人生を楽しみます

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約