寒河江市の不動産|株式会社住まいるーむ情報館 > 株式会社住まいるーむ情報館のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入におけるオーバーローンの基礎知識

不動産購入におけるオーバーローンの基礎知識

≪ 前へ|土地の評価額とは?特徴や調べ方についても解説   記事一覧   土地売却をするときに使用できる税金控除の種類を解説|次へ ≫

不動産購入におけるオーバーローンの基礎知識

カテゴリ:スタッフブログ

不動産購入におけるオーバーローンの基礎知識

土地や建物を入手する際には、金融機関から融資を受けるのが一般的です。
マイホームを購入するときも、基本的に多くの方は銀行や公的機関によるローンなどを利用しています。
そこで、本記事では不動産の購入で気になる、オーバーローンの概要と、注意点やリスクなどについても解説します。
マイホームの購入をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入におけるオーバーローンとは

不動産購入におけるオーバーローンとは、物件価格以上の住宅ローンを組むことを指します。
一般的によくいわれる住宅ローンは、物件価格までをカバーしています。
たとえば、物件価格が2,000万円であるのなら、2,000万円、もしくはそれ以下の融資となるのが普通です。
このようなローンは、フルローンと呼ばれています。
住宅の購入においては、登録免許税や印紙税、司法書士への報酬など、さまざまな諸費用が発生します。
フルローンでは、これらの諸費用をカバーできませんが、オーバーローンなら可能です。
自己資金が用意できていなくても諸費用の融資を受けることができる点が、オーバーローンのメリットと言えます。

不動産購入におけるオーバーローンの注意点

不動産購入におけるオーバーローンの注意点は、いくつか挙げられます。
たとえば、入手後すぐに手放すのなら、購入したときよりも高い金額で売却しなくてはならないことです。
また、一般的に住宅ローンは金利が低いイメージがありますが、諸費用を別途融資している金融機関によっては、金利が高く設定されている可能性もあります。
さらに、物件価格以上のローンを組んでいると、売却後も負債を抱えてしまうケースが多いため、離婚時などにトラブルへ発展してしまうことが懸念されてしまう。

不動産購入におけるオーバーローンのリスク

不動産購入におけるオーバーローンのリスクとして、契約違反による一括返済を求められる可能性が挙げられます。
このローンでは、住宅費用に諸費用の分を上乗せして融資を受けられますが、用途はあくまで諸費用の支払いです。
本来の用途と異なることに使用してしまい、それが金融機関側に知られてしまうと、ペナルティとして一括返済を求められる恐れがあるのです。
また、売却後にも多額の負債を抱えてしまい、自己破産する羽目になる、といった危険も考えられるでしょう。

まとめ

以上、不動産購入におけるオーバーローンに関して解説しました。
諸費用までを含めた融資を受けられるのがオーバーローンですが、注意すべきポイントがあるのも事実です。
正しく理解したうえで、検討を進めましょう。
私たち住まいるーむ情報館は、寒河江市の不動産を中心に取り扱っております。
不動産のプロとして、ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|土地の評価額とは?特徴や調べ方についても解説   記事一覧   土地売却をするときに使用できる税金控除の種類を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

不動産相続専門HPはこちら

会社概要

会社画像
株式会社住まいるーむ情報館
  • 〒991-0041
    山形県寒河江市大字寒河江字横道137
  • TEL/0237-86-6396
  • FAX/0237-86-6390
  • 山形県知事 (4) 第2212号

オーナー様へ

空き家管理

無料売却査定

志田 宏 最新記事



志田 宏

不動産業に携わって32年。 今は相続相談を通して世の中にお役に立ち 様々な方を笑顔にして行きたいと思います。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約