寒河江市の不動産|株式会社住まいるーむ情報館 > 株式会社住まいるーむ情報館のスタッフブログ記事一覧 > 部屋はどの方角が良い?それぞれの方角のメリット・デメリットを解説

部屋はどの方角が良い?それぞれの方角のメリット・デメリットを解説

≪ 前へ|賃貸物件で表札を出す?メリットとデメリットを解説!   記事一覧   家の売却活動でホームステージングするメリットと費用とは?|次へ ≫

部屋はどの方角が良い?それぞれの方角のメリット・デメリットを解説

カテゴリ:スタッフブログ

部屋はどの方角が良い?それぞれの方角のメリット・デメリットを解説

新しい部屋を探すときには、日当たりや住みやすさを左右する「方角」が重要ですよね!
方角によって間取りや日当たりはもちろん、家の運気も大きく関係してきます。
そこで今回は、部屋の方角を決める参考となるよう、それぞれの方角のメリット・デメリットについてお話ししていきたいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

鬼門や裏鬼門とは?

「鬼門」や「裏鬼門」という言葉を聞いたことはありませんか?
これらは陰陽道で使用される言葉で、北東の方位を鬼門、反対側の南西を裏鬼門と言います。
鬼門や裏鬼門はとくに忌むべき方角とされており、陰陽道では北と南を「陰」、東と南を「陽」としていて、北東と南西は「陰陽」の境目となるため不安定で、鬼が出入りする方角であると考えられています。

鬼門や裏鬼門の方角の調べ方

部屋の中心から15度~75度が鬼門、195度~255度が裏鬼門とされているため、間取り図に照らし合わせて調べます。

鬼門や裏鬼門がもたらす影響とは

「鬼門や裏鬼門の方角に三備を設けず」と言われており、三備である「玄関・門」「キッチン」「トイレ・お風呂などの水回り」を鬼門や裏鬼門に配置するのは避けた方が良いと考えられています。
また、鬼門の家相が悪いと不動産や財産、親族間の人間関係に関する問題や幼児の病気、子宝に恵まれないなどの影響があると言われています。
一方で裏鬼門の家相が悪いと、疲労の蓄積や夫婦間のトラブル、努力が報われないなどの影響があるとされています。

それぞれの方角のメリットとは?

東向き物件のメリット


●朝日を浴びることができる
●午前と午後で明るさが異なるため生活のリズムをとりやすい
●昼間涼しい傾向にあるのでペットを飼っている方にもおすすめ

南向きのメリット


●冬は日当たりが良く、夏は西東よりも日照が少ない
●洗濯物がよく乾く
●布団が干せる
●空間が明るい

北向きのメリット


●家賃が安い傾向にある
●光の変化が少ないのでアトリエなどに最適

西向きのメリット


●冬場は夕方まで日が当たる
●洗濯物がすぐ乾く
●昼から日が差すので朝ゆっくりの方におすすめ
●それぞれの方角のデメリットとは?

東向きのデメリット


●朝日がまぶしい
●午後からは日が当たりにくいので洗濯物は午前中に干す必要がある

南向きのデメリット


●家賃が高い傾向にある

北向きのデメリット


●寒い
●日中でも薄暗いケースがある
●洗濯物が乾きにくい

西向きのデメリット


●夏場は午後からの西日による日差しが強いので対策が必要

まとめ

昔から陰陽道では、「鬼門」や「裏鬼門」の方角に三備を設置するのを避けてきました。
そこに設置したから不吉!という訳ではありませんが、気になる方は一度間取り図を照らし合わせてみるのもおすすめです。
また、それぞれの方角にはメリット・デメリットがありますが、家での過ごし方や時間は一人ひとり異なります。
ベストな方角はその人のライフスタイルによって異なるので、ぜひ自分にぴったりな方角・部屋を探してみてください。
私たち住まいるーむ情報館は、寒河江市の不動産を中心に取り扱っております。
不動産のプロとして、ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件で表札を出す?メリットとデメリットを解説!   記事一覧   家の売却活動でホームステージングするメリットと費用とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

不動産相続専門HPはこちら

会社概要

会社画像
株式会社住まいるーむ情報館
  • 〒991-0041
    山形県寒河江市大字寒河江字横道137
  • TEL/0237-86-6396
  • FAX/0237-86-6390
  • 山形県知事 (4) 第2212号

オーナー様へ

空き家管理

無料売却査定

トップへ戻る

来店予約