寒河江市の不動産|株式会社住まいるーむ情報館 > 株式会社住まいるーむ情報館のスタッフブログ記事一覧 > リースバックで自宅を売却する方必見!メリットとデメリットとは?

リースバックで自宅を売却する方必見!メリットとデメリットとは?

≪ 前へ|不動産を保有したまま資金を調達できるリバースモーゲージの仕組みとは?   記事一覧

リースバックで自宅を売却する方必見!メリットとデメリットとは?

カテゴリ:スタッフブログ

リースバックで自宅を売却する方必見!メリットとデメリットとは?

住宅ローンの返済に行き詰まっていて、家を売った資金をローン残債に回したいけれど、慣れ親しんだ自宅を離れたくないと感じていませんか?
そこで、家を売却したあとも自宅に居住できる「リースバック」とは、どのような仕組みであるかご紹介します。
メリットとデメリットもまとめていますので、自宅を売却する予定のある方はこちらの記事をお役立てください。

弊社へのお問い合わせはこちら

リースバックとはどのような売却方法なのか?

リースバックとは、自宅を売ったあともマイホームに住み続けることができる売却方法です。
この制度は、物件を購入した第三者と賃貸借契約を結び家賃を支払うことで、契約期間内であれば自宅を賃貸物件として借りられる仕組みです。
自宅を担保に入れて金融機関から融資を受ける「リバースモーゲージ」とは仕組みが違います。
またリースバックは経済的にゆとりができたときに、自宅を買い戻せる点もリバースモーゲージとの大きな違いです。
リースバックでは買取で自宅を第三者に売却するため、買取代金をまとめて受け取ることができます。
近年物価が高騰しているのに収入が増えにくく、年金の受給額も減っているので、住宅ローンの返済や老後の生活資金や子どもの教育費を確保するために、リースバックを利用する方が増加しているのです。

リースバックで自宅を売却するメリットとは?

リースバックを利用して家を売却すれば、持ち主でなくなったあともこれまでどおりに自宅に住み続けることができます。
子どもの教育環境や通勤環境を変えたくない方にとって、自宅を売却したあともマイホームに住めることは大きなメリットでしょう。
しかも物件の所有者ではなくなりますから、固定資産税や修繕費などの維持費が掛かりません。
たしかに家賃は支払わなくてはなりませんが、持ち家を所有するよりもはるかに維持費を安く抑えることができます。

リースバックで自宅を売却するデメリットとは?

家を売却した資金でローン残債を完済できない場合にはリースバックを利用することが難しいため、他の売却方法を考えなければなりません。
しかもリースバックは近隣の類似する物件よりも売却価格が安い傾向にあるので、ローン残債が多額に残っていると売却価格では住宅ローンを完済することが厳しいでしょう。
一方で近隣の類似物件に比べて賃料が高く設定されている場合が多く、月々の家賃の支払いが家計を圧迫するリスクまで考えておく必要があります。
またリースバックを利用すると自宅が賃貸物件に変わり、物件の借主になるため自由にリフォームをおこなえません。

まとめ

リースバックを利用すれば、自宅を手放したあともマイホームでこれまでと変わらない生活を過ごせます。
しかしあくまでも賃貸借契約で設定されている期間内でしか物件を借りることができませんし、賃料が高いというデメリットもあります。
リースバックのメリットとデメリットの両方をしっかりと理解して、自宅の売却方法を検討してください。
私たち住まいるーむ情報館は、寒河江市の不動産を中心に取り扱っております。
不動産のプロとして、ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産を保有したまま資金を調達できるリバースモーゲージの仕組みとは?   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

不動産相続専門HPはこちら

会社概要

会社画像
株式会社住まいるーむ情報館
  • 〒991-0041
    山形県寒河江市大字寒河江字横道137
  • TEL/0237-86-6396
  • FAX/0237-86-6390
  • 山形県知事 (4) 第2212号

オーナー様へ

空き家管理

無料売却査定

トップへ戻る

来店予約