寒河江市の不動産|株式会社住まいるーむ情報館 > 株式会社住まいるーむ情報館のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンが払えず返済不可になったら?対処法をご紹介

住宅ローンが払えず返済不可になったら?対処法をご紹介

≪ 前へ|一戸建てのサイディング材はいつリフォームする?理由まで詳しくご紹介!   記事一覧   不動産を一括購入する場合のメリットや注意点をご説明|次へ ≫

住宅ローンが払えず返済不可になったら?対処法をご紹介

カテゴリ:スタッフブログ

住宅ローンが払えず返済不可になったら?対処法をご紹介

昨今、リストラや転職などで、住宅ローンが返済不可になる方も少なくありません。
返済が難しくなったら、まず検討すべきことはなにか気になる方も多いのではないでしょうか。
ここでは、住宅ローンの返済が難しくなった際の対処法などについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンが返済不可になったらどんな対処法があるのか

予想外のことが発生し、月々の住宅ローンの返済が容易でなくなることもあるかもしれません。
返済不可になった際、まずしてほしいのがローンを利用している金融機関への相談です。
ポイントは、早めに相談して、良い方法を探すことです。
こうすることで、現在の条件を変更したり、借り換えを検討したりしながら、状況が悪化する前に良い対処法を探すことができるからです。
また、場合によっては、任意売却を状況に合った方法で進めていくこともできます。

競売について

売却や任意売却とは異なり、競売は自分の意思に反して不動産を手放さなければならないといったデメリットがあります。
一般的に、滞納が3か月程度続くと督促状が届きます。
その後、さらに3か月程度滞納してしまうと、保証会社に住宅ローンの一括支払いが求められ、住宅ローンを利用していた方は、残りの残高を一括返済しなければならなくなります。
しかしながら、返済不可の場合も考えられます。
一括返済できないと、競売にかけられることになります。
競売になると、一般的な売却より安い価格で売ることになるため、デメリットは少なくありません。

任意売却とは?

返済不可となった場合、任意売却するといった対処法もあります。
メリットは、競売よりも高く売れることと、残債の一括返済が必要となる競売と異なり、毎月分割で返済できることです。
ただし、任意売却する場合、注意点もあります。
任意売却は、ローンを利用していた金融機関の許可を得られてできる方法となっているため、必ずできるというものではありません。
許可を得ることができれば、一般的な不動産売却と同じように売ることができるので、一度相談してみても良いでしょう。

まとめ

住宅ローンが返済不可になると、さまざまなデメリットが生じます。
競売にかけられることもあるため、それをできるだけ避けるためにも、早めにローンを利用している金融機関に相談することが必要です。
一つの対処法として、任意売却もあります。
ただし、金融機関の許可を得られて、はじめて検討できるものなので注意が必要です。
私たち住まいるーむ情報館は、寒河江市の不動産を中心に取り扱っております。
不動産のプロとして、ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|一戸建てのサイディング材はいつリフォームする?理由まで詳しくご紹介!   記事一覧   不動産を一括購入する場合のメリットや注意点をご説明|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

不動産相続専門HPはこちら

会社概要

会社画像
株式会社住まいるーむ情報館
  • 〒991-0041
    山形県寒河江市大字寒河江字横道137
  • TEL/0237-86-6396
  • FAX/0237-86-6390
  • 山形県知事 (4) 第2212号

オーナー様へ

空き家管理

無料売却査定

トップへ戻る

来店予約