寒河江市の不動産|株式会社住まいるーむ情報館 > 株式会社住まいるーむ情報館のスタッフブログ記事一覧 > フラット35を利用してマイホームを購入!審査条件やデメリットについて解説

フラット35を利用してマイホームを購入!審査条件やデメリットについて解説

≪ 前へ|不動産売却時に火災保険を解約するタイミングと返金額の計算方法   記事一覧   賃貸物件で表札を出す?メリットとデメリットを解説!|次へ ≫

フラット35を利用してマイホームを購入!審査条件やデメリットについて解説

カテゴリ:スタッフブログ

フラット35を利用してマイホームを購入!審査条件やデメリットについて

フラット35を利用して、マイホームの購入を検討されている方もいらっしゃるでしょう。
この記事では、フラット35とはなにかをご紹介したうえで、審査基準や利用するときのデメリットについても解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

フラット35とはなにか

フラット35とは、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して扱っている住宅ローンのことをいいます。
その特徴としては、返済期間が最長で35年であること、保証人が不要であること、固定金利であることなどが挙げられます。
フラット35では、長期固定金利住宅ローンを採用しており、借り入れ時の金利が全期間において変わることがありません。
フラット35の「フラット」とは、借り入れの全期間において金利が「フラット」(変動しない)という意味であり、「35」とは、借り入れ期間が最長35年であることを表しています。

フラット35の審査基準の条件について

マイホームの購入でフラット35の利用を検討される場合、審査基準がどのようなものであるか気になる方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、フラット35の審査基準について解説します。
フラット35を使用するには、次の条件を満たす必要があります。
申し込み者の年齢は70歳未満であり、国籍は日本国籍もしくは永住許可のあることが条件となります。
また、年間の返済額が、年収400万円未満の方については年収の30%以下、400万円以上の方については、年収の35%以下ということが条件です。
借り入れの金額は100万円から最大で8,000万円までとなっており、借り入れ期間は最短で15年から最大で35年までです。

フラット35にはどのようなデメリットがあるのか

フラット35には、いくつかデメリットがあります。
デメリットも把握したうえで、そのデメリットが問題ないと考える方は、利用を検討するのが良いでしょう。
ここでは、フラット35のデメリットをご紹介します。

金利が高い

フラット35の金利は、変動型の金利と比較すると高くなる場合が多いです。

市場金利の変動に対応できない

フラット35での借り入れをおこなった後に、市場金利の変動が起きても、フラット35での金利は変動しません。
市場金利が上昇した場合に金利が上がらないことはメリットとなりますが、逆に低下した場合に金利が下がらないことはデメリットとなります。

利用できる自宅の選択肢が限られる

フラット35を利用するには、購入するマイホームに関して独自の基準が定められています。
そのため、フラット35はいつでも利用できるものではなく、利用できるマイホームの選択肢が限られます。

まとめ

フラット35とはなにかについて解説しました。
マイホームを購入するのにフラット35を利用するには、デメリットについても十分に把握したうえで、デメリットに問題がないと考える場合には利用を検討すると良いでしょう。
私たち住まいるーむ情報館は、寒河江市の不動産を中心に取り扱っております。
不動産のプロとして、ベテランスタッフが真摯にサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却時に火災保険を解約するタイミングと返金額の計算方法   記事一覧   賃貸物件で表札を出す?メリットとデメリットを解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

不動産相続専門HPはこちら

会社概要

会社画像
株式会社住まいるーむ情報館
  • 〒991-0041
    山形県寒河江市大字寒河江字横道137
  • TEL/0237-86-6396
  • FAX/0237-86-6390
  • 山形県知事 (4) 第2212号

オーナー様へ

空き家管理

無料売却査定

トップへ戻る

来店予約